2015.9.5 結婚式のお料理紹介

本日は結婚パーティへご出席いただき誠にありがとうございます。
お料理は如何だったしょうか?見た目で驚き味で驚きをしていただけたなら幸いです。


さて、今回の料理に使用する食材を選ぶにあたり、【ビタミンカラー】、【夏らしく色鮮やか】、そして【目で見て味で楽しむ】を大まかなコンセプトとして検討をしてきました。

そんな中で、珍しい食材のチョイスをいくつかありましたが、自分自身こんなのは初めて!という食材にも出会う事ができました。

ご出席の皆様の中には、食材の名前が気になった方もいらっしゃったかもしれません。
本日はブログを利用し、料理とそれに使用された食材の紹介をしたいと思います。


e0289298_19551472.jpg









e0289298_23324687.jpg
まずは、今回使用した主な野菜たちを簡単に紹介します。

e0289298_1445910.jpg
【金時草】
加賀の伝統野菜で、葉の色に特徴があり、表面が濃い緑色に対し、裏は鮮やかな紫色をしてます。
この葉の裏の色が金時芋の色によく似ていることから、この名がついたそうです。葉は少し厚みがあり、折り曲げるとパリッと割れるような肉質ですが、茹でるとモロヘイヤのようにぬめりが出ます。

e0289298_14465686.jpg【紫とうもろこし】
今はとうもろこしといえばスイートコーン。古くは中南米が原産地であり、日本でももちきびと言われていた品種がその一つ。
スイートコーンのような甘さがなく、ほのかな甘さ。噛むともちっと硬めの食べ応えがあります。

e0289298_21422070.jpg【カクタスリーフ】
和名の「うちわサボテン」というように、団扇のような平べったい形をしたサボテンの茎節部を食します。切ると、オクラの様なヌメリがあり、食物繊維も豊富。少し青臭さもありますが、ほどよい酸味が特徴で、自分も初めて食べました。

e0289298_14474418.jpg【赤オクラ】
大きさや味、粘り気など通常のオクラと変わりませんが、表皮の色が濃い赤紫色をした品種です。加熱すると色が緑色になってしまうので、生のまま食べるが基本です。茹でて食べるのが普通と思っていたので、生食は初めてだったかもしれません。

e0289298_1450651.jpg【コリンキー】
別名「サラダカボチャ」。果実は鮮やかなレモン色、味はほんのり甘味があり、ズッキーニやきゅうりに似た印象です。
コリコリとした歯ごたえから「コリンキー」という名前がついたらしいです。

e0289298_21431265.jpg【クリスタルリーフ】
表面が水晶のようにきらきらとした水泡に覆われていることから名付けらたそうです。 葉っぱは、厚みがありシャクシャクした心地よい食感で、ほんのり感じる酸味と塩気が何とも不思議なとても美味しい野菜です。



次は素敵な料理たちの紹介です☆

アミューズ
【コンソメの香りを纏った野菜と大地に見立てたひまわりのタブナード添え】

e0289298_23352335.jpg 今回の結婚式のテーマでもある「ひまわり」を模したアミューズです。
「ひまわりみたいな料理があったら面白いなー」という提案を採用していただき、実現しました。

 上に載っているニンジン・ヤングコーン・ラディッシュ等の野菜はコンソメで味付けています。
またタブナードとは、黒オリーブ・アンチョビー・オリーブオイル・香草で作ったペーストで、フランス、プロバンス地方の伝統的な料理です。


前菜
【オマール海老と彩り野菜のサラダ仕立てラズベリーソース】

e0289298_23343059.jpg 先ほど紹介した、カクタスリーフとコリンキーを使用した料理です。
全体的に歯応えのある食材が多く、ラズベリーソースとカクタスリーフの酸味やコリンキーの歯応え、プリプリした海老とのバランスが絶妙です。

 また、上では紹介していませんが、少しピリッとした葉は「ナスタチウム」と呼ばれるもので、クレソンやわさび菜に似た爽やかな辛みが特徴です。


スープ
【コーンの冷製クリームスープ】

e0289298_23353055.jpgスイートコーンと紫とうもろこしの冷製スープです。

メインのコーンスープはコンソメで味を付けていますが、紫とうもろこしはほぼ味付けをしておらず素材本来の甘さだそうです。
非常に濃厚で味も鮮明に覚えています。





魚料理
【真鯛の白ワイン蒸し野菜のバイヤルディー仕立て サフランソース】

e0289298_23353776.jpgメインの魚料理であっさりと。

白身魚は淡白なイメージですが、使用されているサフランソースが非常に合っています。
目で見て鮮やかで、香りも良いサフランソースが食欲をそそります

またバイヤルディーとは、トマト・なす・ズッキーニの重ね焼きで、ハーブとオリーブオイルを振りかけてオーブンで焼きます。南フランスに行くとよく出る伝統的な付け合せ料理です。


肉料理
【牛フィレのグリルと金時草のソテー マルサラソース/ラタトゥイユとカボチャペーストを詰めたトマトファルシ】

e0289298_23354851.jpgメインのお肉料理です。

やわらかい牛フィレ肉に見慣れないソースがかかっていますが、これはマルサラソースと呼ばれるもので、「マルサラ酒」という、イタリアの甘く熟成させたワインを使ったソースです。
付け合せの金時草も香り高く、くり抜いたトマトの器には甘いカボチャのペーストが入っており、お肉料理にはピッタリ。

マルサラソースが決め手の一品です。


デザート
【パンナコッタ パッションフルーツソース】/パインのセックと旬のフルーツ添え】

e0289298_23355757.jpg最後のデザートはパンナコッタ。

真っ白で甘いパンナコッタに、鮮やかな黄色のパッションフルーツの酸味が絶妙なソースをかけていただきます。

パインのセックの甘さがパンナコッタの味を引き立てます。






皆さま、如何だったでしょうか?料理一つ一つがとても魅力的で目で見て舌で味わっていただけたらと思います。

それでは、ご閲覧ありがとうございました。
[PR]

by ponde129 | 2015-09-05 15:00 | 結婚式